公開日: |更新日:

エンディングノートの作り方

こちらの記事では、エンディングノートについてご紹介しています。遺言書との違いや記載するのがおすすめの内容、そしてエンディングノートを作成する上での注意点などをまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

エンディングノートとは

「エンディングノート」とは終活において自分の考え・希望などについて記しておくためのものです。この点から、エンディングノートは「終活ノート」とも呼ばれています。
このノートを作ることによって、自分の死後に残された家族がさまざまな手続きで困らないように必要な情報を記載したり、医療や介護、葬儀などに関する自分の希望や意見をまとめたりしていきます。

エンディングノートと
遺言書の違い

法的効力

エンディングノートと遺言書の大きな違いは、法的な拘束力です。エンディングノートの場合、法的拘束力はありませんが、遺言書の場合には、定められた方法で作成されたものであれば財産分与に関する法的な拘束力を持ったものとすることができます。

形式

エンディングノートに形式や様式はありません。自分でノートを作ったり、市販のエンディングノートを使用するほか、ワードやエクセルなどを使用する、スマートフォンのメモ帳など、デジタルデータの形でエンディングノートを残しておくこともできます。
一方、遺言書の場合には規定の形式を満たしていないものは無効となります。

記載する内容

エンディングノートの場合には、記載する内容は自由で決められます。そのため、「この項目を絶対に記載する」などの決まりはありません。自分の終活に必要だ、この内容は知っておいてほしいと感じるものについてどんどん記載していって構いません。

費用

エンディングノートを作成する場合の費用としては、ノート代程度といえます。文房具店で販売している一般的なノートを使用することもできますし、エンディングノート専用として販売されているものを購入しても良いでしょう。

エンディングノートに
書くべき9つの内容

1.自分の基本情報

まずは、自分の基本的な情報について記載しておきましょう。ここでは「氏名」「生年月日」「現在の住所」「本籍地」「血液型」「家族構成」などについてまとめていきます。これらの情報は、自分の死後に住民票の抹消届を提出したり、年金の受給停止を行う際などに必要となってきます。そのため、正確な情報を記載しておくことがポイントです。
そのほか、これまでの自分の人生を振り返るといった意味では、趣味や普段からよく利用するお店、好きな本や好きな食べ物の情報などを盛り込むこともおすすめです。

2.財産や資産について

自分の財産や資産に関する情報をしっかりとまとめておくことにより、自分が亡くなった後に家族が遺産の把握をしやすくなります。ここでは、「預貯金」「有価証券」「不動産」「生命保険」などの内容が考えられます。
例えば生命保険の場合には、契約している医療保険の種類や会社名、担当者名と連絡先、保証内容、保険金の受取人、証券番号や保険証券をどこに保管しているかなどについてもまとめておくと、残された家族が財産について調査するなどの負担を軽減できます。

3.葬儀やお墓について

自分が希望する葬儀の方法(一般葬や家族葬、直送など)や遺影の有無や保管場所、墓石の購入有無などについても、エンディングノートに記載しておくことがおすすめです。すでにお墓を持っている方の場合には、寺院・霊園の名前や場所、電話番号を記載しておけば、残された家族がお墓について把握しやすくなるメリットがあります。
また、自分の葬儀に参列してほしい人、喪主を誰に任せたいかなどの希望がある場合には記載しておくと良いでしょう。

4.医療・介護の希望

例えば認知症などによって意思の疎通がうまくできなくなった場合に備えて、医療関係の情報を記載しておくこともおすすめです。持病やアレルギー、普段飲んでいる薬、かかりつけの病院名などが項目として考えられます。
さらに、延命治療を希望するかどうかを記載しておくのもおすすめです。これは、家族にとっては延命治療をするかどうかは非常に判断が難しい問題であるためです。また、この点については自分の希望を書いておくことで、大切な家族の精神的な負担の軽減につなげられる可能性も考えられます。
加えて、希望する介護の内容や場所などを記載しておけば、家族が介護について考えやすくなるメリットもあります。

5.身の回りのことについて

例えば、使用している携帯電話やパソコンのパスワード、現在契約しているサービスなど、身の回りのことについて記載しておくと、残された家族がさまざまな手続を行う場合に非常に役立てられるでしょう。例えば各種サービスなどの退会手続きもしやすくなるなどのメリットがあります。

6.遺言や相続について

もし、遺言書を作成しているのであれば、エンディングノートに保管している場所を記載するのも良い方法です。これは、せっかく遺言書を作成しても、家族がその遺言書を発見できなければ自分の思い通りの遺産配分が行われない可能性があるためです。
また、遺言書を作成していない場合には、その旨を記載することで、残された家族が遺言書を探すなどの手間を省けます。

7.ペットについて

ペットを飼っている場合には、エンディングノートに情報を記載しておきましょう。項目としては、「名前」「年齢」「生年月日」「普段から利用している動物病院」「保険に加入しているかどうか」「これまで手術を受けたことがあるか」「好きな食べ物」などの内容を記載しておくことがおすすめです。
ペットの情報を残しておけば、例えば自分の死後に残された家族が引き取ることになった場合でも、スムーズに家族として迎え入れられるでしょう。

8.家族や友人の連絡先

故人が普段誰と連絡を取り合っていたのか、またその人の連絡先などは家族が把握していないケースもあります。そのため、エンディングノートには親族や友人などの住所・電話番号などを記録しておくことがおすすめです。
さらに、自分の葬儀に参列してほしい方や、自分が亡くなったことを連絡してほしい人をわかるようにしておくと、残された家族がスムーズに対応できるようになります。

9.周りへのメッセージ

普段言いにくい周りの人へ向けたメッセージを記載しておくのも良いでしょう。例えば家族や友人など、普段は伝えられない感謝の気持ちなどを綴ったり、大切な思い出などに関するメッセージなどを書いておくのもおすすめです。
また、文章だけではなく写真などを貼り付けておいても良いでしょう。このことにより、エンディングノートに記されたメッセージを読んだ方も、鮮明にその時の記憶が蘇ってくる可能性もあります。

エンディングノートを
書く際の注意点

金融機関の口座の暗証番号は
記載しないこと

財産などの情報を記載する場合に、預貯金口座やクレジットカードなどの暗証番号は可能な限り記載しないようにすることがポイントです。エンディングノートをもし紛失してしまった場合に、その内容が第三者に見られてしまい、悪用される可能性があるためです。

遺産の分配については
遺言書に記載する

遺産相続の方法について、エンディングノートに記載することもできます。しかし、エンディングノートは法的な拘束力がないため、せっかく記載したとしても自分の意図通りの引き継ぎが行われない可能性もあります。
以上の点から、遺産をどう引き継ぐか、という部分については遺言書に記載しておくことが大切です。ただし、遺言書は定められた方法で記載しなければ無効になってしまいますので、司法書士などの専門家に相談することがおすすめです。

エンディングノートの
紛失に注意する

エンディングノートにはさまざまな内容を記載します。中には、大切な友人や知人の連絡先なども記載しているため、作成後には紛失に注意しながら保管を行う必要があるといえるでしょう。とはいえ、必要になった場合にはすぐに取り出せない場所だと、エンディングノートの存在が気づかれないことにもなりかねません。
そのため、エンディングノートのしまい場所は「盗難に遭いにくい」「必要な時に見つけやすい」という2点を考慮しながら考える必要があります。ただし、貸金庫にしまっておくことはおすすめできません。これは、貸金庫は借りている本人以外の人物が開けることが難しいためです。

エンディングノートを書くなら
遺言や相続についても考えてみましょう

ここまで、エンディングノートの内容や作成時の注意点などについてご紹介してきました。エンディングノートについて見ていく中で、葬儀や相続のことについても考えたのではないでしょうか
そのような時に、同時に遺言や相続の詳細などについても考えてみることがおすすめです。また、このような相談は司法書士に行ってみることで、例えば遺言についてわからない部分があったとしても、しっかりと知識を得た上で遺言書の作成などを行えるなどのメリットが得られます。

初回相談が無料!気軽に相続相談できる司法書士事務所4選

司法書士法人
・行政書士
鴨川事務所
京都駅前
相続手続き
センター
ひかり
司法書士法人
谷口龍一
司法書士・
行政書士事務所
司法書士法人・行政書士鴨川事務所公式HPキャプチャ 京都駅前相続手続きセンター公式HPキャプチャ ひかり司法書士法人公式HPキャプチャ 谷口龍一司法書士・行政書士事務所公式HPキャプチャ
所在地 中京区骨屋町143
G&Gビル201
下京区西境町49番地
サザン京都駅前ビル4F
中京区少将井町222
シカタオンズ
ビルディング301号
下京区扇酒屋町289番地
デ・リードビル6F
営業時間 平日9時~21時
※電話受付は夕方以降、
土日祝日も可能
平日9時~21時
※事前予約にて
土日・夜間も対応
平日9時~18時 平日9時~17時
※予約にて
土日・夜間も対応
不動産相続の手続費用
不動産
相続の
手続費用
¥45,000~ ¥58,000~
(※1)
¥68,000~
(※2)
¥104,500~
公式HP
scrollable
scrollable
京都鴨川
司法書士・
行政書士事務所
京都駅前
相続手続き
センター
ひかり
司法書士法人
谷口龍一
司法書士・
行政書士事務所
お電話
scrollable
scrollable

※初回の相談が無料であり、電話やZoomでも手続きが進められると公式HPで明記している京都市内の司法書士事務所を掲載しています(2021年4月調査時点)。
※各費用は公式HPに掲載されている最低限の料金です。家族構成や手続きの複雑性によって変化する可能性があります。
※公的手続きの実費として納める費用、出張時の立ち合い費用などの諸経費は含まれていません。
※費用は2021年12月の情報です。
※1:2021年12月時点で、公式HPに税表記はありませんでした
※2:2021年12月時点で、公式HPで価格を確認できませんでした