公開日:|更新日:

【PR】不動産登記は自分で?
プロに任せるメリットとは

自分で不動産登記を行なうには

不動産の登記・名義変更に必要となる書類は、
相続人確定のための戸籍、登記原因証明情報、固定資産評価証明書、委任状など。
必要な書類と手続きを踏めば、一般の人でも可能です。

  1. 法務局の相談窓口に行く
  2. 申請書を作成
  3. その他の必要書類を作成・入手
  4. 書類をそろえて法務局に提出
  5. 登記完了証、登記識別情報通知書を取得

自分で手続きをするメリットとしては、司法書士費用を節約できる点ですが、手続きミスのリスク、どうしても時間がかかってしまう、困ったときの相談先がない、などのデメリットもあります。
また、所有者同士の間に利害関係があるなど、所有権を移転・変更する事情によっては、手続きすることに同意をもらえないこともあります。
専門家に頼らず手続きできるのは、関係者間での強い信頼がある場合のみと考えておきましょう。

失敗しない司法書士事務所選びとは?

司法書士法人・行政書士鴨川事務所_画像 引用元:司法書士法人・行政書士鴨川事務所公式HP(http://kyokamo.com/profile/)

必要な書類と手順を踏めば、自分でも行える不動産登記。
しかし、そのための手間や考えるべきことは多く、煩雑です。
相続対策・相続登記に悩んでいる方に向けて手を差し伸べている「関西つなぐ相続センター」を運営し、
司法書士法人・行政書士鴨川事務所の代表でもある池部 翔さんからお話を伺いました。

Q.相続相談の失敗を防ぐために、
気を付けるべきことは?

A.安易に事務所選びをしない

「ただ紹介されたから」「価格が安いから」などで考えず、自分の状況に合ったサービスを選ぶこと。
親身になってそのお客様のケース一つ一つにあった対応を心がけてくれる事務所がよいと思います。

悲しいことに、手なりの仕事しかしない司法書士がいることもまた真実で、
そうした事務所はご依頼者さまの言う通りにしか行動せず、専門家という名の御用聞きになってしまっています。

たとえば、何も考えず不動産屋さんや銀行に勧められた司法書士を利用される方もいらっしゃると思いますが、そうした中には、ご依頼者さまのことは二の次で、紹介元の都合のいいように動く司法書士もいます。
大切なのは、中立的な立場で意見を出せる事務所選びができるかどうか。

ただでさえ、相続問題は法的、税務、その他人間関係等、さまざまな問題が複雑に入り組んでいて、リスクをはらむ可能性がとても高いもの。
我々の仕事の中でも相続のお仕事はとくに難しい仕事に分類されています。

ご依頼者さまの考えている方法とは違うものでも、状況にあった解を提案してくれたり、二人三脚で答えを探そうとしてくれる事務所の方が、真に困っている人のことを考えている司法書士だと思います。

Q.数ある司法書士事務所の中から、
実際の相談先をどう選べばいい?

A.他仕業との連携が取れている司法書士を選ぶ

弁護士、行政書士など各仕業とのパイプが強く、ご依頼者さまごとの事情に対してオーダーメイドで対応することができる事務所がよいでしょう。

また、ご自身が「気軽になんでも相談できる」と思えるシステムや、雰囲気を持っている司法書士を選ぶこともとても大切です。
たとえば電話やZOOMでの気軽な相談に乗ってくれたり、初回相談が無料だったり、フットワーク軽く相談にのってくれる司法書士がよいと思います。

また、値段のことで言うと、最初に明確に見積りを示してくれる事務所がよいと思います。

相続相談に不安を持つ方、事務所選びに
苦心なさっている方に向けて

司法書士法人・行政書士鴨川事務所_画像 引用元:司法書士法人・行政書士鴨川事務所務所 ビジネスプロフィール(https://www.google.com/search?q=京都鴨川司法書士・行政書士事務所&rlz=1C1TMBY_jaJP997JP997&ei=0Dq_ZOv4N-_g2roP98GuGA&ved=0ahUKEwjroNn57qiAAxVvsFYBHfegCwMQ4dUDCA8&uact=5&oq=京都鴨川司法書士・行政書士事務所&gs_lp=Egxnd3Mtd2l6LXNlcnAiMOS6rOmDvem0qOW3neWPuOazleabuOWjq-ODu-ihjOaUv-abuOWjq-S6i-WLmeaJgDIFEAAYgARI2wRQAFgAcAB4AJABAJgBYqABYqoBATG4AQPIAQD4AQHiAwQYACBBiAYB&sclient=gws-wiz-serp#lpg=cid:CgIgAQ==,ik:CAoSLEFGMVFpcFAyZjVUVlljblJ1QXFiSWtqZWMxdUFUTVhpcFJXaUhMNHozc3J2)

先にもお話した通り、相続問題は非常にデリケートであり、一歩間違えば思った通りの結果が得られずにトラブルにつながることもある、とても難しいものです。
それだけに、どうしたらいいか迷っている方、事務所選びに不安を持つ方も多いと思いますが、
私たち司法書士は、ご依頼者さまのご要望一つひとつを大切にし、
専門家の知識を加えながら、お一人お一人にとって適した答えを見つけ出す立場です。
ぜひ私たちを信じて、頼ってみて下さい。
いきなり依頼することを考えなくても、気軽に無料相談をしていただくだけでも、お力になれると思います。
二人三脚でしっかりサポートし、お客様の未来を導くお手伝いをさせていただければ幸いです。